赤毛のアン

インドに立て続けに2回、今年は合計で2ヶ月近くインドにいたことになる。これがネパールやチベットなら大喜びなのだけど。
インドの旅の友は悩み悩んで禅の本を持っていったが、はずれた。インドでは例によってさんざんお寺参りをした。仏教のお寺ではお坊さんの唱えるお経を聞いていたら、居座りたいほど最高の気持ちになったが、ヒンドゥーのお寺ではなぜか最高の気持ちの境地には至れなかった。本も現地で8000円近く(!)買ったのに、どうもピンとくる本がなかった。

それが、突然、はまってしまったのだ。村岡花子さん訳の赤毛のアン。10年以上前に河野万里子さん訳の赤毛のアンにもはまりそうになったのだけど、村岡花子さんはすごい。あの時代にこれだけ現代的でありながらアンの時代を伝えられる訳を生み出したなんて、モンゴメリよりも言葉の魔術師!ほんの一言、二言で引き込まれてしまう。でも、河野万里子さんの訳も忘れられない。赤毛のアンほど訳者の腕が引き立つ物語はないと思う。
[PR]
# by gajumalo | 2008-10-24 20:19 | 和書

村上春樹とアンナ・カレーニナ

長らく沈黙していた。

もちろんそれは怠慢だったから。でも、もう一つの理由は村上春樹病になってしまったから。
村上春樹を読み始めると、どうしてもあまりにも夢中になってしまって現実の物事が
考えられなくなってしまう。いつのまにか自分が村上春樹の小説の登場人物になってしまっていて、現実に目の前で起きていることを見たときに考えたことが自分の意見なのか登場人物の意見なのかわからなくなってしまう。そして、日々の行動までもが何となく登場人物と同じになってきてしまう。
これは『ダンス・ダンス・ダンス』や『海辺のカフカ』を読んだときになってしまった。今回は、『カエルくん、東京を救う』が始まりだった。
スペインでホテルのテレビでEURO2008をテレビ観戦し、その後、venue となったウィーンへ行って、余韻に浸りながらカエルくんのことを考え、サンクトペテルブルグに行って『カエルくん』に出てきた機関車のルーツをさぐるべく突然、『アンナ・カレーニナ』を読んでいる。『アンナ・ケレーニナ』には恐ろしくてこずっている。これは私の読むタイプの本ではない。おかげで春樹病が治りつつある。

今週末にはザンスカールに行くので、そろそろ頭をチベット仏教モードに切り替えていかなければ。
[PR]
# by gajumalo | 2008-08-19 22:32 | その他

『中田英寿 誇り』

超力作!
ここ数ヶ月に読んだ本の中で一番感動した。ヒデのプレーは彼が10代の頃、よく生で見ていた。あれから14,15年。彼はなんと成長したのだろう。そして、彼はなんと大きな視点を持って、世の中を見ているのだろう。これだけ真剣かつ真摯に仕事に向かっている人がどれだけいるだろうか。私は仕事を一生懸命やっているつもりでいたけれど、この本を読んだ今になって思えばなんといい加減な仕事をしてきたことか。
何をするにも全力を傾けている彼の姿勢にとても感銘を受けた。そして、人生と世の中をしっかり見据えているという点にも。

ヒデが平塚の練習場に来たというので、一昨日、行ってみた。ニュージーランドから帰国してすぐに行ったのだけれど、一足遅かった。練習場にはよく見に行っているのに、こんなときに限ってタイミングが悪すぎた。午前中は雨だったので午後に行ったら「あー今日は午前中はいたんだけどねえ」とそこにいたおじさんに言われ、すごすごと普通の練習を見て帰った。残念。
[PR]
# by gajumalo | 2008-05-15 21:03 | 和書

Fire under the Snow など

Fire Under The Snow
すごい本を読んだ。あまりにも恐ろしくて昨日は夢にまで出てきてしまった。
中国政府は今でもかくも恐ろしい拷問をしている。そして、拷問で人が思いがけないほどたくさんいる。これはパルデン・ギャツォというお坊さんが政治犯として逮捕され32年間服役し、亡命するまでの自叙伝。チベットの人権問題が取り沙汰されているけれど、この拷問は人権云々いう前の問題かもしれない。
ネパールで買ってあっという間に読んでしまった。あまりにも衝撃だったので、もしも翻訳が出ていなかったら自分で翻訳して出版社に持ち込もうとすら思った。でも、翻訳は98年に出ていて、残念なことにもう絶版になっていた。
それでもつい最近、パルデン・ギャツォのことが映画になったそうで、もうすぐニューヨークで上映されるらしい。

The Child in the Jungle
幼年時代はネパールで、その後はインドネシアの西パプアで成人するまで過ごし、両親の母国であるドイツに渡ってから文明に順応するまでの苦悩を書いたこれも自叙伝。何たること!
ネパール、西パプア、ドイツというのは奇しくもこれまで私に一番、文化的にも言語的にも市況を与えた国であり、地域だ。著者に会いたくなってしまった・・。西パプアから帰国したときは本当にかなりの逆カルチャーショックを味わったことを思い出す。先進国では失われてしまった人間の良さがとてもよく描かれている本だと思う。

Love in the Torn Land
サダム・フセイン政権下のイラクで痛めつけられたクルド人の女性戦士が亡命するまでのこれも自叙伝。ここのところ自叙伝ばかり読んでいる。恥ずかしながらクルド人の問題はトルコのことかと思っていた。フセインの頃、クルド人は国際社会から無視され続け、化学兵器やガスで何千人もが家や村を追われ、相当数が殺された。当時の彼らのことがよくわかった。
[PR]
# by gajumalo | 2008-05-02 20:56 | 洋書

The Life of Marpa

最初は詩が多くて読みにくいと思っていた。

でも、そのうちに詩に引き込まれそうになっていった。
特に、瀕死の息子と悲しみにくれるマルパの詩のやりとりは圧巻。
今のカルマパも大変、詩がお上手だということだから詩を詠むのはひょっとしてカギュ派の伝統なのかな?

マルパはミラレパに隠れがちだけれど、伝記としてはミラレパよりも面白かった。ミラレパの伝記とはスタイルが違うからかもしれない。ミラレパの伝記よりもマルパの伝記の方が淡々としていながらも、マルパの苦悩がありありと現れている。人間としてのマルパの気持ちが伝わってくる。DVDでミラレパの映画を見たけれど、マルパはとても厳格な人として描かれていた。この本でもマルパは厳格だったとされているけれど、行間からマルパもまた実在した生身の人間ということがよくわかった。

それにしてもチベット、これからどうなるのだろう?
[PR]
# by gajumalo | 2008-04-07 20:15 | 洋書

『受命』

久々に眠れないくらい面白い本を読んだ。どこまでが本当かわからないから、凍りそうに怖かった。北朝鮮という国についてまだまだ知られないことがこんなにあるのだ。マンギョンボン号が
どんな船か、どういう意義があるのか、在日の北に寄せる思い、在日の人からの支援が北にどんあ意味を持つのか・・・・。最後のクライマックスは本当にどうなるのか全く想像がつかず、どうなることかと思った。しかし、これが小説なのがある意味で残念だ。こんなことが実際に起きたら世界じゅうが大混乱することは確実だけれど・・。

それにしてもブログをさぼっている間にいろいろなことが起きた。アッサムの暴動とバンダでブータンからアッサムに抜けられなくなったり、タライのバンダでカトマンズの物価が恐ろしく上がっていたり、イエメンの知り合いが大変な交通事故に遭ったり、また別の知り合いが心臓の大手術を受けたり・・。
しかしながら南インドは素晴らしく良かった。何が良かったといって、まずエア・インディアでない航空会社で行ったのが最高に嬉しかった。ケララ州のバックウォータートリップもたらんたらんして幸せってこういうものなのだ、と実感できた。せせこましく一生懸命働くのが本当に馬鹿馬鹿しくなった。汗がだらだら流れてくるのも気持ちが良かった。もう冷暖房に囲まれて生きているのが苦痛で仕方がない。バスや電車の冷房に当たっただけで、一日中動けないくらい疲れしまう。どうしてこんなことになったのか・・。
[PR]
# by gajumalo | 2008-03-06 21:40 | 和書

The Daughters of Arabia

ずっと気になっていたのに何となく読まずにいた本。ドーハの空港で耐えがたき6時間待ちとなり、手持ちの本を全て読み終え、それでついに買ってみた。
なんとなく表紙の女性の辛そうな表情から中が推測できるような気がした。そうしたら案の定、その通り。あまりにもあからさまな王室の内情暴露に気分が悪くなるようなかんじがしたが、
そうでもしないと憤懣が収まらなかったのだろうと思う。産油国の男たちの考えにも非常に腹が立った。よく、マスコミで書かれていることは本当だったのだ。女性は人権なんて何もないのだ。でも、当然ながら全ての男たちが腐りきっているわけではない。それがわかったのもこれを読んで良かった。そんなふうに頭にくることが多かったのに、あとの2冊もぜひ読んでみたいと思う。

Buttertea at Sunrise
ティンプーの本屋で買ってみた。ほぼ10年前の実話なのに、とても昔の話のように思える。本当にわずかの間にブータンは何という変わり方をしたのだろうと思う。でも、実際にブータンに身を置いて読んでいて思ったのは、ブータンは形の上ではいろいろ変わったけれど、中身はそんなに変わっていないのではないかということ。インターネットやテレビ、電気、カラオケ、映画そんなものが次々に地方にも浸透しつつあるが、人々は都市でも地方でも信じられないほど親切だ。こんなに親切な人たちがまだこの地球上に皆で生活している国があるなんて、本当に本当に信じられなかった。ツアー中に耐え難い辛いことがあったとき、お坊さん、ガイドさん、ホテルのスタッフ、バスドライバー、旅行会社の社員たち、レストランのスタッフ、誰もが心からの暖かい気持ちを言葉や行動で示してくださって、どんなに救われたことか。そんな辛いときに読んだ本だからきっとこの本は忘れない。

『功名が辻』
実に面白かった。眠れないくらい。もっともっと司馬さんの本を読まなければ。
[PR]
# by gajumalo | 2008-01-14 21:09 | 洋書

『ブータン仏教から見た日本仏教』

カイラスから戻ってからしばらく日常に戻るのに時間がかかってしまった。カナダで人ごみに入った瞬間に体が凍りついたようになってしまい、それから何か自分と外の世界がかみ合わないようなふわわした日々を過ごした。

カナダは2回行ったけれど、初めてカナダに行ったときのような感激はなく、チベットのことばかり考えて終わってしまった。明後日からは西オーストラリアだ。今まではオーストラリアというと
嬉々として準備したものだ。それが何となく乗り気になれない。

西オーストラリアから帰ったら7年ぶりのブータンだ。いろいろ変わったらしいので図書館で本を借りてきた。以前に比べ、ブータン関連の本が増えたことに驚いた。何冊か見たうち、もっとも面白かったのがこの本。
これを読んでいままでわからなかった点がどんどんわかってきて、すっきりした。仏教はチベットから入った。日本ではこの仕事を始めるまで全くという全く仏教とは縁のない生活をしていた。どちらかといえば神道の本が関わりがあったといえるかもしれない。だからチベットに行くために仏教の勉強をして、チベットで仏像について学び、仏様の教えについても聞きかじった。さらに勉強しようとしてネパールや日本で仏教の本を買って、読むとどうも母国語で書かれているにもかかわらず日本の仏教はわからない点があまりにも多い。どうしてそうなるのか、どうして日本のお坊さんは妻帯しているのか、どうして日本には阿弥陀様(チベットではAmitabaと Amitayu)が二つに分かれていないのか、その他にも疑問だらけで聞く人もいなかった。
 さらに、この間、グゲに行って驚いたのは20代そこそこの特別の教育を受けたわけでない普通の若者でもお経を読めるということだ。彼らは、「読めるけれど、ところどころ専門用語がわからない」と言っていた。この点についてもとても驚いた。彼らはまるでお坊さんが読むように拾ったお経をすらすらと読んだ。(拾った、というのは文革で中共が焼いたお経の残りが散っていたから)。日本では考えられないことだ。

カイラスから帰ってきてぼーっとして、起きているような寝ているような気分で悲しい気持ちでいっぱいでいたけれど、ブータンでまた少し気持ちが入れ替えられな気がしてきた。
[PR]
# by gajumalo | 2007-10-29 21:15 | 和書

カイラス巡礼

聖地カイラスは恐るべき迫力を持って、迫ってきた。
あまりの神々しさに思わず膝まづきたくなったけれど、だまってまず東の五体当地の場をコルラした。思いがけない感激に自分で驚いた。、もう自分の過去やら自分を取り巻いている環境やらが一挙に走馬灯のように脳内を駆け巡った。あまりのことに声も出ないばかりか、落涙寸前になってしまった。

だからカイラスを巡礼し終わったら、ムスリムがメッカ巡礼を果たしたような気分になった。ムスリムはメッカを巡礼してハッジになると、まるで生まれ変わったような気がするという。今までそれを聞いてわかったようなわからないような感じだったが、今はその気持ちがはっきりわかった。信心深くない私がこれだけの気分になってしまったのだから、信者ならどれだけ感銘を受けるのだろう。それより何より、誰をもこのような気分にさせてしまうカイラスは、やはり普通の山ではない。

ミラレパの足跡をたどったのも大きな収穫。ミラレパ・カントリーに足を踏み入れているというだけでもう地に足がつかないようなふわふわした気持ちだった。まるで自分がもう天国に行ってしまったかのような。サンフランシスコも聖ジョージも聖エリザベトも聖人ではあるけれど、ミラレパほど時を越えて圧倒的な現実性と非現実性を持って、人の心をとらえる聖人は古今東西に他にいないと思う。彼のそばに行かれたこと、この幸運をどうやって言葉にできよう。ミラレパの杖に触れた。これまた時を越えて、彼のエネルギーが伝わってくるようだった。もうその一日、ずっとその杖に触れて座っていたかった。

さて、今回の旅の友は、恐ろしく不釣合いな Harry Potter and The Dathly Hallows. チベットに似合わないのは百も承知だったけれど、HPシリーズは読み始めたら止まらないのだ。第一、止まってしまったら後でストーリーがわからなくなる。しかし、あまりにも重いので結局、読んでいないページだけ持っていって、読むなりビリビリさらに破って棄てていった。これは家に同じ本がもう1冊あったから出来たこと。でも、高山病の恐れがあるところで、寒さにガタガタしながら読む本ではない。心臓に良くない・・。子どもの本なのにこんなにおどろおどろしくてよいの、と思ったけど、終わり方は希望どおりでとても良かった。ハリーにもう会えないのは寂しいけれど、こんな終わり方なら納得。

成田に着いたら、もう読む本がない。それで司馬遼太郎の『王城の護衛者』を買って読んだ。
もっとチベットに浸っていたかったのに、また出発前のマイブーム幕末に舞い戻ったわけだ。
しかし、司馬さんはやっぱり長編がいい。短編も面白いけれど、スケールの大きさでは長編にかなわないなと思った。
[PR]
# by gajumalo | 2007-10-04 10:02 |

『チベットで食べる買う』 『悪あがきのすすめ』

『チベットで食べる買う』
あまりにも初心者向けすぎておもしろくなかった。でも初めてチベットに行く人には
とても参考になると思う。著者はチベットに関してはとてもよく聞く名前の方だから
情報はチベット寄りでとても信憑性がある。
イラストは著者の奥さんが描いたとのことだが、とてもかわいいし、イメージが
わきやすい。

『悪あがきのすすめ』
激烈すぎて恐ろしいと思ったけれど、気がついたら共感することしきりだった。
それにしても在日の人はこんなにあからさまないじめを受けていたのか。
子どものころ、周りに在日の人がいなかったので知らなかった。今は、
在日の知り合いもいるが、このような話は全くしたことがない。
知らないでいることは罪だと思った。
このような状況で、これだけ状況改善のために奔走する精神力と気持ちの強さを
うらやましく思った。一体、どうやったらこんなに強くなれるのだろう?
[PR]
# by gajumalo | 2007-09-01 20:07 | 和書